M-SHOP 本店

 

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報カートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

FAX注文用紙

三協化学の環境対応型シンナー

緊急漏液処理キットmini

ハイアート5000 イサム塗料 

20000円以上のお買い上げで送料無料!

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
【油性・多目的】鉄部・建物用 7L

FAX注文用紙

商品詳細

【油性・多目的】鉄部・建物用 7L


スーパー油性 カラーリスト

スーパー油性 鉄部・建物
 
商品番号 P-SP-TT-7
商品名 【油性・多目的】鉄部・建物用 7L
販売価格 8,424円
税別価格 7,800円
メーカー サンデーペイント
ポイント 1%

カラー選択:
数量:

14Lはコチラ

3L

 

品名

スーパー油性鉄部・建物用

キャッチ

酸性雨・排気ガス・塩害に強い!木部、トタン、鉄・アルミ・ステンレスに最適

塗料の種類

変性アルキッド系合成樹脂塗料

用途

鉄部/門扉、フェンス、シャッター、鉄骨、電気器具、スチール製ドアなどの建具、ロッカー、パイプ、遊具など
木部/外板、羽目板、戸袋、木製ドアなどの建具、窓ワク、木工工作品など

特徴

●酸性雨、排気ガス、塩害から長期間にわたり、強い塗膜を維持します。
●速乾で、低温時も塗装可能です。
●下地を隠す力が優れているので、一回塗りで美しく仕上がります。

うすめ液

塗料用シンナーA


乾燥時間

 

指触

半硬化

20℃

約 15分

約 30分

冬季

約 30分

約 60分


容量・塗り面積

容量

塗り面積(1回塗り)

畳の広さで

7L

約 65u

約40枚分

 

ご注意

 自動車、バイク、高級家具、テーブル、床などには使用しないでください。

 

鉄部 塗装方法


用意する物

ハケ類

ローラーハケ

ハケ

小ハケ

 

 

 

ローラーハケ

ハケ

小ハケ

 

 

 

下地調整用具

受け皿

ハケ洗いようバケツ

皮スキ

サンドペーパー

ワイヤーブラシ

 

受け皿

ハケ洗いバケツ

皮スキ

サンドペーパー

ワイヤーブラシ

 

養生用品

マスキングテープ

汚れ防止用新聞紙

 

 

 

 

マスキングテープ

汚れ防止用新聞紙

 

 

 

 



塗装方法

@下地調整

下地調整1

塗る面のゴミ、油分、さび、かび、ワックスなどをとり除きます。また、塗装面が充分乾燥していることを確認してください。
塗りかえの場合、ハガレかけている塗料はワイヤーブラシなどで充分にとり、サンドペーパーで凹凸を少なくします。強く付いてハガレない塗料は、その上にそのまま塗ってください。

下地調整2

さびのひどいところは充分にさびを落とし、下塗りとして「さび止め塗料」を塗りますと、より強い仕上がりが得られます。

>>スーパー油性さび止め塗料

下地調整マスキング

マスキングテープや古新聞などを使って、塗料がつかないようにカバーしておきます。
他のところについた塗料は乾かないうちに、塗料で指定されたうすめ液(ペイントうすめ液 、ラッカーうすめ液 、水道水など)でぬらした布でふきとります。
乾いてからではなかなかとれません。

A塗り方

塗装

入り組んだところやせまいところを小バケで先に塗り、広いところは後から平バケ、ローラーバケで塗るようにします。
塗ったあとは乾くまで手で触れたり、雨水やホコリがかからないように注意してください。

>>スーパー油性 鉄部・建物用
>>水性ECOアクア

B後片付け

後片付け

使いおわった用具は、古新聞などで、よくふきとった後、使用した塗料で指定されたうすめ液で洗いましょう。
あまった塗料は、缶のフタを固くしめ、一度逆さまにして、元に戻してから日の当らない所、湿気の少ない所、幼児の手のとどかない所にしまってください。

 ワンポイント!!

塗装博士

時間表

●塗る時間のめやす
1日で塗り上げるには、午前中に下地処理を行ない、塗装は午後3時頃までに仕上げるようにしてください。夕方からの塗装は、夜露がかかったりして、塗料の性能を充分に発揮できません。
また、夏など、とつぜんの雨が予想される時もさけましょう。1日ですべてを行なわず、2〜3日くらいにわけて作業するのも方法です。

●塗料を混ぜて調色するには
塗料の混合は、同じメーカーの同じ銘柄について行うようにしてください。調色して作った色と同じ色を再度調色するのは大変困難です。あらかじめ塗装する面積にみあった量より多めの量を調色しておいてください。濃い色は、白や黄色のようなうすい色を加えてもなかなかうすくならない傾向があります。また、逆にうすい色は濃い色を少量加えるだけでも色調が強く出る傾向があります。